やる気スイッチなどの塾選び│小論文のテーマ対策もできます

勉強する先生と生徒

授業料に困っている学生へ

学生

大学の学費は、高校と比較すると高いと感じる方は多いと思います。国立や公立の大学と私立大学でも学費の差は大きく、国公立が年間で50万円程度なのに対し、私立大学は100万円程度になり、約2倍ほどの違いがあります。しかし、学費が高すぎるからといって、大学進学を諦める必要はありません。大学によっては、入学試験や高校時代の成績が受験者の中でもトップクラスだった場合、4年間の学費を免除してくれるところがあります。このような制度を実施しているところは、国公立の大学が多いとされています。しかし、これは狭き門なので一握りの優秀な学生しか与えられません。また、各学期ごとの成績が優秀な学生に対し、来学期の学費を免除するという制度をとっている大学もあります。もし高校時代の成績や入学試験の点数が低くても、大学に入学した後に勉強や研究で成果を出せば、この待遇を受けることができるでしょう。さらに、日本には奨学金の制度があり、これによって多くの学生が学費を一時的に補ってもらうことができます。奨学金は基本的に卒業後に借りた分を返済する必要があります。また、奨学金は第一種と第二種にわかれ、第一種の方が将来的に返済する利子が少なくすみます。自分が第一種の奨学金をもらえるかどうかは、大学生活での成績や家庭の経済状況によって左右されるのです。また、もし第二種に振り分けられたのちに経済状況が苦しくなった場合は、申請すれば第一種にしてもらう例もあるようです。このように大学では学費が苦しい学生に対し、大学が独自で学費を免除する制度をとっているほか、奨学金の制度で学費などのお金を一時的に貸し出す制度があります。