やる気スイッチなどの塾選び│小論文のテーマ対策もできます

勉強する先生と生徒

文章能力を上げるには

文房具

入試などで出題されるテーマには、難解なものから抽象的なものまで出されるため、その攻略に頭を悩ませる方も多いと思います。出題傾向としては、論説や評論文、新聞記事などを読ませて、それに関連したテーマが出題されることが多いようです。小論文のスキルを上げるには、学校の先生に習ったり、小論文専門の学校に通う方法などがあります。そこでは添削などをしてくれるため、自分一人ではできない勉強法を提供してくれます。小論文の能力を向上させる方法として、独学でもできるものは読書をすることです。その効果は小論文を書く上で、いたるところで発揮されます。たとえば、色んなテーマの本を読むことで作者によって文章表現が大きく異なっていることが理解できます。その中で自分が真似出来そうな書きやすい表現を見つけることができれば、小論文でその技法を使うことができるでしょう。また、本を読むことで自分が知らなかった単語や熟語などを知ることができます。これは小論文だけではなく、国語や英語のような言語に関する教科ならどこにでも応用できる知識なので、知らない単語がでてきたら辞書で調べるなどして、自分の記憶に残るように努めることが大切です。また、読書を進めることで読むペースが早くなることもあります。前述したように、小論文は論説や評論文を読ませて、それに関連したテーマが出題されるので、論文を書く前にまずは文章を読まないといけません。時間に制限がある試験では、文章を読むのが遅いとそれだけで時間をロスしてしまいます。もし文章を早く読むことができれば、余った時間を出題の趣旨や文章構成を考える時間にまわすことができます。このように、本を読むことによって小論文の対策をすることができるのです。